初雪

今朝、天気予報で「東京で初雪が降りました。例年の約70日遅れです」と言っているのを聞きながら「あらあら」と朝食を食べ、出掛けようと玄関を出たら

降っていました、雪が!我が家の方でも頼りなくフワフワと。

まもなく桜が咲こうかとしているのに、雪も「降っておかなきゃ」と慌てたのかしら(笑)

しかしこの天気、特に今日私にとってはイマイチ。
親友の手術の日なのです…。寒いし、どんよりした空。
病院行くのが億劫になるだろうなと思いながらただ無事を祈っています。

私は左目があんまり見えないのですが、それ以外にはこれまで幸いにも病気も怪我も殆どありません。

一度 胃潰瘍になり、切るか切らないかまだはっきりしない段階でかなり不安でイヤだったことを思い出し、

これから体にメスを入れる彼女を思うと昨夜は本当に可哀相で仕方がなかった。

明日の晩は今日と同じ体ではないと思うと辛くなる。
そこ抜けに明るい彼女は昨夜電話したときも、飲んで上機嫌…に見えましたが、心配性の私は本当に心配なので「早く帰って寝なよー」とハラハラしていた。


私はこの2月、3月目まぐるしく環境が変わった。
変化の中には、人の裏切りもあり こんなに頑丈な私もさすがに傷がつき凹んだ。突然届く電話やメールで一瞬にして心がぱっくり切られる。

そんなことがこの二ヶ月、一つや二つではなかったのだ。

しかしながら今日手術をする彼女を含め、必ず誰かが助けてくれた。本当に私は幸せである。

心身ともに健康であることは大変重要で幸せなこと。

健康であることにもっともっと感謝しなければならないと思う。

今日これから戦う彼女に私は高校生のときからずっと助けてもらってきた。彼女のために私ができることが無さ過ぎてつらい。

頑張って!と心から、ひたすら願うばかり。

携帯版はこちら
http://webrytimes.biglobe.ne.jp/cgi-bin/mbgw/webryblog.cgi?url_val=ayusax.at.webry.info&cmd=blog_list