SaxophonePlayer佐川鮎子

アクセスカウンタ

zoom RSS ありがとうございました♪

<<   作成日時 : 2011/10/24 23:32   >>

トラックバック 0 / コメント 1

画像


昨日おかげさまで無事にサニーホールでのリサイタルを終えることができました
今年は久しぶりにテナーサックスのみのリサイタルを行いました

冒頭のバッハの無伴奏チェロ組曲第1番
この曲はとっても体力がいるので 緊張感の中で自分の体がきちんとコントロールできるのか勝負!といった感じでした

サックスの発展をなぞるサンジュレ、クレリス、ベダールからはピアニストの馬場みどりさんと一緒に♪
会場がふわっと華やかな空気になりました

ピアノソロのラフマニノフのプレリュード『鐘』はお客様も大変喜んでくださいました
間髪入れず『Deeowood』に入っていただいたのですが
『鐘』のみどりさんと『Deepwood』のみどりさんの別人のような姿にさらに会場は驚かれたことと思います

後半は山浦幹子さんの曲『Nature Suite』でスタート
今回が初演となったわけですが佐川鮎子らしい曲という言葉をいただきとても嬉しく思いました
イギリスにいる山浦先生にも良い報告ができることになりました

続いてピアソラの『タンゴの歴史』へ
みどりさんにはピアノを弾くだけではなく叩く(Knok)ということもしていただきました
この曲はソプラノサックスで演奏されることが多い曲ですが
私は前からテナーで吹いてみたくて今回やっと実現することができました

今回もう一つの委嘱作品『エビータ』のタイトルは改めて『Ayuko’s Songs from EVITA』と
アレンジャーの日下部恵子さんが命名してくださいました
ただこのタイトルをMCするのにどうしても照れて(笑)モジモジしてしまいました
照明効果もとても好評だったようで嬉しかったです

最後の『Sweetfish』はCD収録のために作った曲でしたのでピアノ伴奏で演奏するのは
今回が初でしたがみどりさんがとっても素敵にオーケストラを再現してくださり
吹いている私も良い気持ちで終えることができました

アンコールでは個人的思い入れのある「ムーンライトセレナーデ」と
「isn’t she Lovely」をお届けいたしました
スティービーワンダーの曲の方はジャズバラードのアレンジで
自分でどのように吹こうか歌おうか楽しみながら作っていったのですが
ちらほらと「一番最後の曲、良かったー」と言っていただけてとっても嬉しかったです


たくさんの方にご来場いただき そしてお花や差し入れなども本当にたくさん頂戴しまして
大 大 大感激です!!
この場からで申し訳ありませんが本当にありがとうございました

1つだけご紹介させていただきます
親友Nが作ってくれた最高傑作をご覧ください
クッションといいますかマスコットといいますか
立体的なサックスです
どこに飾ろうか未だ思案中です

画像


年に一度の下町コンサートを年中行事に入れていますよという言葉
これからも続けてくださいねといった言葉にいつも励まされております

毎年無茶を聞いてくれる馬場さんにもとっても感謝しています

応援してくださる皆様のおかげで今年も無事終えることができましたし
次へ向かっていけることができます
本当に心より感謝しております

                                     佐川鮎子








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
よいコンサートだった様子。

「Sweetfish」聴いたよ。

また出演のお知らせ&連絡くださいね。
両角奈穂
2011/10/25 11:54
ありがとうございました♪ SaxophonePlayer佐川鮎子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる