SaxophonePlayer佐川鮎子

アクセスカウンタ

zoom RSS ラウンジピアノに幕

<<   作成日時 : 2008/01/28 00:49   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

とうとうラウンジピアニストも最後の日。今日は一段と会場も寒くちょっと寂しかった・・・
17時近く、もっと弾いていたい気持ちもあったのですが吹き抜けのロビーで体が冷え切ってしまい、もうここまでだなあと思って引き上げたらフロントにお客様が来ているとの事。

誰かしらと思ったら、ブログを読んで駆けつけてくれたSさん!お花とプリンをプレゼントしてくださいました感激感激すごいサプライズ!
あー、なんて幸せなんだろうと本当に思いました。
この場をお借りして『本当に本当にありがとうございました

画像


もう今日で毎週土・日に行われていた生演奏は打ち切られてしまいます。
来月からはお客様の注文があった時のみ、ということでかろうじて来月3日にまた演奏にうかがえることにはなりましたが、気持ちの中では今日がやはりラスト。

私は5歳くらいからピアノを習いに行っていて、その頃、近所のデパートで毎週日曜にやはりロビーで生演奏をやっていたので両親によく連れて行ってもらっていました。

そこもやはり吹き抜けのロビーで、とても小さな噴水の横に白いグランドピアノがあって、私は二階からピアニストの手を見ながら演奏を聴くのが好きでした。

綺麗なドレスを着て綺麗な曲を次々と演奏しているのを、二階の柵越しに見ながら
「いつか私もここで演奏したいな」と思うようになって、毎週通ううちに その「いつか」のために
プログラムまで考えるようになっていました。

でも残念ながらある日曜からもう演奏者もいなくて、ピアノだけが置いてあるようになりました。
そしてとうとう何週目かの日曜にはピアノがもう片付けられてしまっていたのでした。

「なんで」「どうして」と思いました。

それはまだ小学生の頃の出来事でしたが、高校に入ってサックスに出会って大学へ進学しても私はピアノを続けていて、頭のどこかで「ラウンジピアニストをやりたい」と思っていました。

大学をでて研究科2年目の頃、突然高校の同級生から電話がかかってきたのがきっかけでした。「結婚式場のロビーでピアノ演奏をしてくれる人を探している」と。
たまたま私がピアノとサックスの生徒募集というチラシを近くの楽器店に並べてもらっていたのを見た友人が紹介してくれたのです。

その時の嬉しさといったら、今でも忘れられません。
降って来た喜び、とでもいいましょうか。
あの頃頭の中で描いていたプログラムが呼び出され、今まで貯めていた自分のレパートリーを急いで準備したりとにかく嬉しくて仕方がなかったです。

初めて会場に行って見ると、私が2階から眺めていたよりももっと高い4階まで吹き抜けになっているロビーで、そしてピアノは白いグランドピアノ。

願いが叶った瞬間でした。

この会場ではたくさんのことを勉強させてもらいました。
サックス奏者としての面でもとても生かされています。

ラウンジプレイヤーなのでお客様の耳障りにならないように、会話の邪魔にならないように、何気なく さりげなく耳に入っていくような選曲、音色、自分の服装、立ち振る舞いを考えます。
また、時間で挙式や披露宴やイベントが進行しています。お客様も大勢出たり入ったりします。演奏しながら周囲の状況を良く見て、時には会話も聞き、常に視野も広くします。

そして、私がこだわったことはレパートリーを多く持つこと。
お客様は当日ほんの数時間で会場をあとにしてしまいます。その中でもピアノを聞く時間は僅かでしょう。でも会場内のスタッフは毎週何時間も私の演奏が耳に入ります。

スタッフの皆さんが毎週私のピアノを楽しみにしてくれたら、そして演奏で穏やかな気持ちで仕事をしてもらえたら良いなと思い、マンネリ化しないように選曲をしたり、レパートリーを増やし新鮮な空気を出すようにしました。
スタッフの気持ちにゆとりがでると、お客様へのサービスの仕方もきっとプラスになると思うからです。

お客様にもスタッフにも気持ちの良い時間を過ごしてもらう、という点で私なりに創意工夫しました。これは自分にとって大変充実した経験です。

まだまだ、もっとこのピアノで演奏して、勉強するべきと思っていましたが どうやらリミットがきたようです。

今後はお客様のオーダーがあれば演奏、ということなのではっきりとした「終わり」感がないせいか今日最後の演奏を終えても「また弾ける」という気持ちのほうが強く、寂しさのあまり涙が出るといったこともなく済みました。

会場から数ヵ月後にはピアニストは完全に消えてしまうだろうと思いますが、このままみんなと笑ったままフェイドアウトしてしまったほうが良いかもしれないですね。
お願いを聞いてくれるなら、ピアニストが二人ともいなくなってもピアノは会場に置いておいてあげて欲しい。

画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
佐川さんのピアノは本当に素敵です。大人になっても耳に残っています。どうぞこれからも活躍してくださいね。影ながら応援しています。
さくら
2008/01/28 23:58
またコメントしに来ました(^o^)/
これからもちょくちょく来ますね!
佐川先生の顔を久しぶりに見ましたッ☆
自分に教えて下さった時のことをすごく思い出します(*^_^*)x
内藤
2008/01/31 00:03
さくら様
ありがとうございます。とっても嬉しくて幸せ一杯です。ピアニストをしている私がそんな風に映っているなんて!小さいときにピアノを買ってくれてレッスンにまで通わせてもらったのにサックス奏者になった私ですが、さくらさんのコメントを両親が読んだらきっと報われると思います^^私にピアノを教えてくださった先生方も♪応援本当に本当にありがとうございます。

内藤さん
いらっしゃいませ^^私の顔、丸くなったでしょ(笑)内藤さんはすっかり綺麗なお姉さんになったんだろうなー♪
あゆ
2008/02/01 00:22
佐川先生すごくキレイですよぉ!!
自分の方が今ヤバイですよ…
痩せたいですー(泣)(ノ_<。)
内藤
2008/02/01 18:23
ラウンジピアノに幕 SaxophonePlayer佐川鮎子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる