SaxophonePlayer佐川鮎子

アクセスカウンタ

zoom RSS 万華鏡のように

<<   作成日時 : 2007/05/14 01:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


私がだいぶ昔に衝動買いした万華鏡です
万華鏡の撮影は結構難しいですね。

画像


こんな形をしています。上方の筒を縦方向にして覗き込むと、筒の本体を回さなくてもサラサラと石たちが流れてきて次々に形を変化させます。

私はキラキラするもの、光るもの、色んな色をもっているもの、または透明なもの(クリスタル)が好きです(貴金属や宝石ばかりが好きという意味ではありませんよ(笑))

万華鏡も大好きなものの一つです。

色んな色や形が光って形を変えて、全く飽きない。素晴らしい芸術品と思っています。

私は万華鏡のようなコンサートをしたいと思っています。
(この辺りは25日発売のTHE SAXにも少し触れています)

万華鏡の筒はステージです。
中の石は私達プレイヤー自身と大切な楽器、曲です。

お客様は万華鏡を覗き込みます。
そして色んな角度から見てみます。

形が変化します。どんなに変化しても美しい形。
もっと違う形も見てみたい、まだまだ見ていたい・・・そんな風に思うかもしれません。

筒も筒の中の石達も、そのものは変わりません。
見ているうちに筒が変わったり中の石が違うものになったりしません。

筒の中でいろんな形、色んな色の石が重なり合い様々な美しい形を見せるのです。

石が多色で色んな形が数多くあるほど、色んな形を作り出せます。
覗き込むお客様の目もその数の分楽しませることが出来ます。

プレイヤーとしてたくさんの石、様々な形、色んな色を持ち合わせたいと思います。
ステージに立つごとに石の数が前より増えている、そういう奏者になりたいと思います。

覗きこむたびに美しく色んな形が楽しめる、そんなコンサート作りに励みたいと思います。

携帯版はこちら
http://webrytimes.biglobe.ne.jp/cgi-bin/mbgw/webryblog.cgi?url_val=ayusax.at.webry.info&cmd=blog_list










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

万華鏡のように SaxophonePlayer佐川鮎子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる