SaxophonePlayer佐川鮎子

アクセスカウンタ

zoom RSS 市立柏高校 離任式

<<   作成日時 : 2007/04/11 00:04   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像


とうとう4月10日離任式の日が来てしまいました。
学校に入った時 なんだかまだ授業をしに来たような感覚と、
よその学校に来たような感覚で複雑でした。

生徒達の前へ行く前に、先生方のみで集まり挨拶をいたしました。
もうこの時期は離任するどの先生も転出先の学校が始まっていますので
「〜先生は〇年間本校にいらっしゃり、今年度からは〇〇学校へ行かれております」と
紹介されている中、わたくしの場合は

「本校卒業生で一年間音楽を担当なさっておりました。今後は演奏活動に専念なさるそうです
とのご紹介を頂きました。(演奏活動に専念という言葉が結構プレッシャーです

たくさんの先生方の前でご挨拶をさせて頂きましたが、これが思ったよりも緊張!
もっと感謝の気持ちをいっぱい伝えたかったのに、クールで早口になってしまいました。
体育館では落ち着いて話そう・・・と反省。

続いて全校生徒の待つ体育館へ移動。
BGMでブラバンの校歌が流れている。

・・・マズイ、泣きそう。私だけかしらっ、集中 集中、泣かないよ今日は

と言い聞かせながら壇上へ。

一年前はこの壇上で新任として紹介されたのに、まさかもう離任として紹介されるとは。
たくさんの生徒を目の前にして、ああ、もう本当にお別れなんだなあと思いました。

順番に離任される先生方がお話されていきます。
どの先生の話もいつの間にか聞き入ってしまい、自分も離任する、これから話をするんだ
ということを時々忘れそうになります。

皿回しを披露した先生や、歌を歌った先生もいらっしゃり
「私も楽器持ってくれば良かったなぁ」とちょっと悔しかった(笑)

さて、自分の番が来てしまい 案の定普段のコンサートの何十倍も緊張してしまいました。

自分が市柏高の生徒だった頃から今も変わらないこととして

先生方が真剣に怒ってくださる、話を聞いてくださる、話をしてくださること。
私は市柏生だったときに「市柏高の先生になるんだ」と決心したこと。
昨年は夢が叶った一年であること。
みなさんのおかげで忘れられない一年になったこと


・・・を話したと思います。(大変緊張していてちょっと記憶があいまい)

生徒の前でも「今後は演奏活動に専念されるそうです」と紹介していただきましたが
本当に、壇上で話をしている途中まで
「いえ、私はいつでも市柏の先生として戻ってきたい。本当はまだ去りたくない」と
強く思っていました。

けれども自分の口からでたのは
「わたしはこれからサックスプレイヤーとして頑張っていきます。
今日は楽器を持っていませんので演奏できませんが
みなさんが聞きたいと思ったときにいつでも聞くことができるような、
ビッグなプレイヤーになります。」


・・・でした。
大好きな市柏の全校生徒の前で大胆な宣言をしてしまったのです

離任者の挨拶が全て終わり、生徒から花束をいただき
「ああ、これで本当に終わってしまったんだなあ」と思ったら

「送別の歌!」とアナウンスが入り、先生方全員が一番前へ並ばれ
森山直太郎の「さくら」を歌ってくださいました。
これはこれは本当に感激
ああ幸せだなあ、学生の時から市柏の先生にはお世話になったけれど
また幸せを頂いたなと本当に嬉しかったです。

さて、これで今度こそお開きだわ(良かった、泣かずに退場できそう)と
思った次の瞬間

「校歌斉唱!」

ターンタ タッター タタータ ターター・・・

えーーー、ダメダメ!
と思ったと同時くらいに涙スイッチオン

校歌はダメです、もう今思い出してもウルウルしてしまいます。
先生と生徒とブラバンが一つになって市柏高の校歌を歌ってくださり
胸が一杯になってしまいました。

嬉しいのと、やっぱり去りたくないのと、でも宣言した通り頑張らなきゃ!
という思いと同時に「先生・生徒・吹奏楽」での一つの音楽に感動しました。

本当に感謝しています。市柏に入学し、卒業し、先生をさせてもらい、こんなに
素敵に見送ってもらいこんな幸せなことはない。

演奏活動も大切ですが、同じくらい市柏高も大切。
できることなら、許されるなら、授業と演奏活動両方続けたかった。

でも帰り際に「先生、サックス頑張ってね!」と何人も言ってくれ、
泣いちゃいられない!これはやるしかないな、と決意。
結果よりもやっている姿を見てもらいたい、いつ見られても大丈夫なくらい
いつも真剣に全力で進んでいきたい。みんなにとって恥ずかしくない先生でいたい。

そして、やっぱり私は卒業生だからか 昨年一年も職員室にいらっしゃる先生を
教員仲間ではなく自分の恩師としてずっとみていました。
私はいつまでもここの生徒でいたいなと甘えたくなります。

私はこれからも市柏高の生徒であり、先生であるという気持ちを
持ち続けたいと思っています。

どこかで生徒がみているかもしれない、という気持ち
なにか躓いても導いてくださる先生がついているという気持ちが
あれば、今日の大胆宣言も怯まずやっていけそうです。

たくさん学ばせてもらい、幸せにしてもらい感謝し尽くせません。
市柏高がますます発展、活躍しますように。
ありがとうございました

画像


頂いたピンバッチは楽器ケースに



携帯版はこちら
http://webrytimes.biglobe.ne.jp/cgi-bin/mbgw/webryblog.cgi?url_val=ayusax.at.webry.info&cmd=blog_list










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。
これからはSaxプレイヤーとしてご活躍下さい。
演奏期待しておりますよ。
mt-com
2007/04/11 00:29
お疲れ様でした。
なんか、気持ち分かるな〜。
うん、うん。
生徒さんたちに励まされ、見送られ
うらやましいよ。
母校は、何年経っても母校。
一生物のいい宝物。
あゆちゃんが有名になったら、
私もみんなに自慢しちゃうよ。
応援してるからね〜♪
らんこ
2007/04/11 16:35
mt-comさん らんこさん

ありがとうございます。もう逃げられない雰囲気ですな(笑)いえいえ、逃げる気はもともとなかったです♪

怪我や病気をしている暇はないですね(要注意!)信じて決めた道を進みます。みなさんの応援に本当に感謝しています。
頑張りまくります^^
あゆ
2007/04/12 00:54
離任式の時に初めて生で佐川さんを見ました。
これからは演奏活動に専念すると聞いたので頑張って欲しいです!いつかまた市柏に来て下さい!!
ユーリ
2007/04/14 22:10
ゆーりさん

生佐川はどうでしたか^^泣き顔見られて恥ずかしいなぁ。
みんなの応援を受けて大変心強いです。頑張ります◎
ゆーりさんも高校生活、どうぞ勉強も吹奏楽も思う存分楽しんでくださいね♪
あゆ
2007/04/14 23:36
市立柏高校 離任式 SaxophonePlayer佐川鮎子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる