SaxophonePlayer佐川鮎子

アクセスカウンタ

zoom RSS いい話

<<   作成日時 : 2006/08/31 00:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日は西新井大師近くの小学校の最後のレッスンでした(本当は学校の中や子供達の様子をブログに載せたいのですが、学校の許可を得ておりませんので防犯上ご勘弁を)
いい話というのは、今日レッスンの最初の挨拶を終えた後の顧問の先生のお話です。
私は一昨日と今日レッスンに行ったのですが昨日の話。

「昨日、卒業生で今中学生の子がみなさんに差し入れを持ってきてくれましたね。先生はとてもびっくりしたことがあります。学校に来る前に先生に「金管バンドのみんなにクッキーを焼いたのですが今から持っていってもいいですか」と電話をくれました。そしてみんなに渡したクッキーは一つ一つ袋に入れてくれていましたね。食べきれない子やすぐに帰らなければいけない子は持って帰れるように。平等にみんなに行き渡るようにね。
次に紙コップとペットボトルの飲み物を出してくれました。先生が驚いたのはその後です。
「ゴミは先生が片付けて置くからそのままでいいよ」と言ったのに中学生は「大丈夫です、もって帰ります」といってくれました。みんなが帰った後、先生は中学生を校門まで送ったのですがそのときに「先生ゴミは片付けるからホントにおいて言っていいのよ」と言ったのですが「良いです、大丈夫です」といってもって帰ってくれました。
先生はその中学生の気配りにとっても嬉しく思って、夜寝るときまで嬉しくてその事を考えていました。相手、ここでいう先生や金管バンドのみんなに対して ここまで気遣ってくれたことがとっても嬉しかったです。
みんなも大人になってもこの出来事、そしてこういう気配り・思いやりを頭のどこかで忘れずにいて欲しいと先生は思います」

私も「昨日はそういうことがあったんだ」ととても嬉しく思いながら聞いていました。相手の都合を聞いてから動く、そして最後の後片付けまでとは本当に立派です。きっと親御さんや顧問の横田先生の教えあってこその成長した姿だったのではないかと思います。その中学生に会いたかった。

毎年夏休みを中心に数日間振り分けて集中的にレッスンしているのですが、レッスン最後の日はお決まりの「ミニコンサート」をします。
5・6年生はもうわかっているので学校で会うなり「先生今日サックス吹いてくれるでしょ??」とおねだり攻撃(笑)
校内放送「只今より音楽室にてサックスのミニコンサートを行います。お手すきの先生は音楽室へお集まりください」が入り、横田先生と打ち合わせをし子供達が知っている教科書から抜粋し「茶色のこびん」「翼を下さい」「ラバースコンチェルト」を演奏しました。アンコールにお答えし「校歌」をシックなアカペラでお届けいたしました。

今日も大変気持ちよく過ごせ、お大師さまに「ありがとうございました」とお礼をして帰りました。
どうか子供達がこのままの素直な心で大人になりますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

いい話 SaxophonePlayer佐川鮎子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる